会則


平成23年5月20日改訂

1)名称 本会は「胃を切った人 友の会 アルファ・クラブ」と称する。
2)設立  昭和57(1982)年4月1日
3)事務局  本会の事務局は株式会社協和企画内(東京都港区虎ノ門1-10-5 日土地虎ノ門ビル3階)におく。
4)目的  本会は会報『ALPHACLUB』を通じて、胃を切った人の術後の闘病、後遺症等に関する情報提供・交換及び会員相互の親睦を図ることを目的とし、次の活動を行う。

  1. 会報・月刊『ALPHACLUB』の発行(臨時増刊あり)
  2. 術後の食事・日常生活についての電話相談受付
  3. 個人健康相談(顧問ドクターへの文書による相談の受付、有料)
  4. 講演会の開催(不定期)
5)宣言  本会の宣言を「胃を切った人は自らの努力と工夫で、術後の後遺症を克服してゆこう。そして普通の人よりむしろプラス・アルファ元気に長生きしよう」とする。
6)モットー  本会のモットーを「医師と患者の話し合い」「患者同志の助け合い」とする。
7)会員  本会の趣旨に賛同した個人会員と病院会員とする。

  1. 個人会員は入会金及び年会費を納めた者とする。
  2. 病院会員は会報『ALPHACLUB』を患者指導に役立て、また入院中及び外来の胃を切除した患者さんに回覧して活用する条件を約束し、会報の送付を要望した病院とする。
8)顧問  本会には医学的助言などを得るため、会長及び顧問医師(若干名)をおく。
9)運営
  1.  本会の運営は顧問医師の指導により、世話人代表、事務局長、事務局員若干名が従事し行う。
  2. 会報の編集会議は月2回行う。(担当顧問医師参加)
  3. 会則の改廃等、会の運営に関する重要事項は会の審議によってこれを決め、顧問医師の承認を得て行う。
  4. 会計年度は1月1日~12月31日とする。
  5. 会計報告は監査役の監査を受け、総会でその承認を得る。
10)会費  会費は入会金1,000円、年会費2,400円とする。納入された会費は原則として払い戻さない。
11)収入
  1.  広告収入:会報『ALPHACLUB』の各頁記事下段の広告掲載による収入。
  2. 協賛収入:関連会社及び個人の有志による寄付的協賛収入。
  3. 講演会収入:会員の講演会参加費及び関連会社の広告協賛収入。
12)雑則  会則に定めない事項については、その都度決定する。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.