〈胃を切った人 友の会 アルファ・クラブ〉は、8月に開催されるがん医療フォーラム「Japan Cancer Forum 2016@日本橋」において、患者会・患者支援団体として、展示ブースに出展することが決まりました。

 このフォーラムは、がん患者・家族・医療者・市民が「集う」ことにより、勇気や希望が持てる場とするために企画され、疾患別の最新医療セミナーや、がんサバイバーの話、がん患者団体の展示ブースなど、がん患者や家族が楽しめるプログラムが用意され、各領域において日本を代表する医療者、専門家が講師を務める予定であると、主催者である特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンから発表されています。

 私たちはこのフォーラムで、がん患者・家族・医療者・市民のみなさんと、学びながら楽しい夏のひと時を過ごしつつ、私たちの会の活動趣旨と実際の活動を紹介し、もっと多くの胃を切った後遺症に苦しんでいる方とそのご家族にさまざまな情報を届けられるよう、また全国の胃切除に関わる医師と医療スタッフに、胃を切った後遺症に関する正しい知識を広められるよう、汗を流したいと思います。

興味のある方は、このイベントにぜひおいでください。誰でも参加できますが、下記のサイトで申し込みが必要です。

Japan Cancer Forum 2016@日本橋

会期:8月6日(土)、7日(日)
会場:コングレスクエア日本橋 2階・3階
   東京メトロ「日本橋駅」直結、
   東京駅日本橋口から徒歩5分

参加申し込み:http://www.cancernet.jp/jcf/

私たちの展示ブース出展の準備の様子は、このFacebookとアルファ・クラブ公式サイトでお知らせしていきます。