おすすめコンテンツ
  • HOME »
  • おすすめコンテンツ »
  • 「目指せ体重増加!」胃を切った人の筋トレ!!

「目指せ体重増加!」胃を切った人の筋トレ!!

パーソナルトレーナー 井上大輔先生サポートによる「胃を切った人の筋トレ」

会報紙面でも「胃を切った人の筋トレ」を連載執筆されているパーソナルトレーナー 井上大輔先生に筋トレによる体重増加の方法を解説していただきます。

胃を切った人の多くは、後遺症として、体重減少が問題となるケースが多々あります。
井上先生は、全米ストレングス&コンディショニング協会(http://www.nsca-japan.or.jp/01_intro/nscajapan.html)の認定パーソナルトレーナーとして、すでに胃を手術した方に体重増加トレーニングなどを指導し、筋肉増加を図ることで体重増加を達成した経験もお持ちのトレーナーです。

体重減少でお困りの方に、筋肉増加を図ることで体重増加につなげていただきたいと考え、本コンテンツを用意しました。
ぜひ、お試しください。

胃を切った人の筋トレ⑨【自宅にある物を利用したトレーニング編】

自宅でのトレーニングは、かけられる負荷に限界があると思われがちですが、アイデアひとつで身の回りにある物がトレーニング器具になります。今回はそのアイデアを紹介します。 ペットボトルで負荷が調整できる ペットボトルはダンベル …

20201月号写真①

胃を切った人の筋トレ⑧【スプリットスクワット編】

スプリットスクワットは、臀部(でんぶ)と下肢全体を鍛えるエクササイズです。ほぼ片脚で体重を支えるため、強度の高いエクササイズに入ります。 主に鍛えられる筋肉 臀部(腰の下の肉が左右に盛り上がっている部分=おしりの辺り)と …

スプリットスクワット②

胃を切った人の筋トレ⑦【シーテッドロウイング編】

シーテッドロウイングは、すわった状態でボートを漕ぐような動作です。 主に鍛えられる筋肉 背中の筋肉(広背筋、僧帽筋、菱形筋) 、力こぶ(上腕二頭筋) 目的 背中の筋肉は、立位や座位での正しい姿勢を保つために必要な筋肉です …

シーテッドロウ②

胃を切った人の筋トレ⑥【アップライトロウ編】

アップライトロウは直立した状態から重りを引き上げる動作です。 主に鍛えられる筋肉 肩の三角筋・僧帽筋、上腕二頭筋 目的 腕の筋力アップ、肩こりの解消に効果的です。 ポイント 挙げ下ろしに、それぞれ3秒くらいかけて、ゆっく …

アップライトロウ③

胃を切った人の筋トレ⑤【デッドリフト編】

デッドリフトはスクワットに似た動きで、使う筋肉はスクワットとほとんど同じですが(スクワット編を参照)、重りを担ぐのではなく、手に持って行うのため、背中・腰や握力を非常によく使います。 主に鍛えられる筋肉 背中から腰にかけ …

デッドリフト②

胃を切った人の筋トレ④【ショルダープレス編】

ショルダープレスは読んで字のごとく、肩でプレスする種目です。上半身の比較的大きな筋肉を使うので、必ず取り入れましょう。 主に鍛えられる筋肉 三角筋、僧帽筋(肩)、上腕三頭筋(二の腕) 目的 肩こりの改善や、四十肩・五十肩 …

ショルダープレス①

胃を切った人の筋トレ③【腕立て伏せ編】

腕立て伏せは上半身の大きな筋肉を使う種目なので、上半身トレーニングを行う際は是非取り入れたい種目です。 腕立て伏せは正しいフォームで行うとかなり強度の高い種目となります。ここでは個人の体力レベルに合わせて行えるいくつかの …

腕立て②

胃を切った人の筋トレ②【スクワット編】

スクワットはトレーナーが運動プログラムを作成する際、必ずと言っていいほど1番最初の種目に設定されるくらい優先度の高い種目です。 会報誌にも自体重で行うスクワットの解説を書きましたが、ここではバーベルを担いだスクワットを動 …

スクワット③
1 2 »
食生活Q&A

創刊35周年記念企画実施中

創刊35周年記念企画実施中

NEW
ご応募お待ちしております!

創刊35周年企画

創刊35周年企画
リンクフリー

当サイトはリンクフリーです。リンクに関するお問い合わせは事務局までお願いいたします。

100日レシピ
東京都がんポータルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.