佐田厚生会 佐田病院


佐田厚生会 佐田病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃がんに対する治療は基本的に胃癌治療ガイドラインに沿った手術、内視鏡的切除、化学療法を行っています。胃癌の手術は過不足のない手術を行うことが大切です。しかし、患者さんの希望があれば、我々と患者さんでよく話し合い、胃癌治療ガイドラインの適応を拡大し、適応からはずれた進行胃癌でも十分なリンパ節郭清を伴った腹腔鏡下の手術を行います。手術後の消化器の障害につきましては、個々の患者さんの状態を充分に把握し、それぞれに最善の方法で対処していきます。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    栄養相談室を設置しており、常勤の管理栄養士が個々の患者さんの相談に乗り、状況に即した食事栄養指導をいたします。
  • 後遺症の説明とケアについて
    手術前に手術後に予想される胃切除後の障害について説明し、手術後に実際の状況を調査します。胃切除後の障害があれば、検査、薬の選択投与、食事指導等を行います。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    食事等に関しては、栄養相談室での個別指導を中心に行っています。
施設名 佐田厚生会 佐田病院
住所 〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通2-4-28
佐田厚生会 佐田病院
最寄駅 西鉄「薬院駅」より徒歩3分
URL http://www.sada.or.jp
TEL 092-781-6381
FAX 092-724-9411
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.