有田胃腸病院


有田胃腸病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃を切除するとさまざまな後遺症(食事摂取量の低下、ダンピング症状、胆汁逆流症状など)に見舞われる可能性があります。胃の手術の治療成績が向上した現在では、手術により「確実に治す」ことも重要ですが、「より良く治す」ことにも注目が集まっています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    入院中および手術後、また通院中に必要と思われた場合には、管理栄養士により個別に栄養指導を行っております。
  • 後遺症の説明とケアについて
    後遺症については、なるべく後遺症が生じないような胃や迷走神経の機能を温存する手術を採用しております。しかしながら、後遺症が生じた場合には説明のうえ、適切な食事指導および投薬を行います。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    患者さんを対象とした集まりなどは現在行っておりませんが、胃切除を受けられた患者さん同士で意見交換できる機会を提供できればと考えております。
施設名 有田胃腸病院
住所 〒870-0924
大分県大分市牧1-2-6
有田胃腸病院
最寄駅 JR九州「牧駅」より徒歩10分
URL http://arita-hp.or.jp
TEL 097-556-1772
FAX 097-556-1778
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.