横浜市立大学附属病院


横浜市立大学附属病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

手術後の自宅でのすごし方、食事の仕方、自覚症状をお聞きしています。
それぞれの症状に合った処方、生活指導を行うよう努めています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    栄養相談室が設置されており、栄養士さんと面談できます。
    毎週火・木曜日、一般外科、胃・食道外来を受診し、相談日が決められます。相談日は月~金曜日です。
  • 後遺症の説明とケアについて
    術後、教科書レベルの説明は繰り返し行うように心がけています。
    術後障害に対して薬物治療も試行しています。
    また、教科書には載っていない脂溶性ビタミンの変動についてもケアしています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    特に定期的な活動はありませんが、年に1~2回、市民講座を行っています。
施設名 横浜市立大学附属病院
住所 〒236-0004
神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
横浜市立大学附属病院
最寄駅 シーサイドライン「市大医学部駅」
URL http://www.first-surgery.jp/index.html
TEL 045-787-2800
FAX
食生活Q&A

創刊35周年記念企画実施中

創刊35周年記念企画実施中

NEW
ご応募お待ちしております!

創刊35周年企画

創刊35周年企画
リンクフリー

当サイトはリンクフリーです。リンクに関するお問い合わせは事務局までお願いいたします。

100日レシピ
東京都がんポータルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.