国立国際医療研究センター国府台病院


国立国際医療研究センター国府台病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃切除後の症状は、患者さん一人ひとりで異なります。当院では医師、看護師、管理栄養士がチームとなり、患者さん個人の状態に合わせてオーダーメイドの医療を提供いたします。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    月曜日から金曜日まで、管理栄養士による栄養相談を予約制で行っています。希望される方は当院外科外来を受診して、ご予約いただきます。
  • 後遺症の説明とケアについて
    胃切除後の後遺症として、小胃症状、ダンピング症候群、逆流性食道炎、貧血などがあります。患者さんおのおのの症状に合わせて治療を行います。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    栄養相談、外科外来での診療など、個別に対応しております。
施設名 国立国際医療研究センター国府台病院
住所 〒272-0827
千葉県市川市国府台1-7-1
国立国際医療研究センター国府台病院
最寄駅 JR総武線「市川駅」よりバス15分、京成本線「国府台駅」よりバス5分
URL http://www.ncgmkohnodai.go.jp/
TEL 047-372-3501
FAX 047-372-1858
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.