獨協医科大学病院第1外科


獨協医科大学病院第1外科

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃の切除後には様々な後遺症が出現する場合があります。これらに対しては、薬を内服することや、食事の仕方や食事内容を工夫することで術後障害を予防し、症状を軽減することができます。どんな些細なことでもご相談ください。
私たちの胃の診療は、腹腔鏡手術などで患者さんの体への負担を軽くすることと、再建方法の工夫により術後障害を減らすことを目標としています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    患者さんの症状は一人ひとり異なりますし、糖尿病や高血圧などの併存疾患がある場合など、オーダーメイドの栄養指導が必要になります。症状と栄養食事指導の効果を見ながら、必要に応じて繰り返しアドバイスさせてもらっています。
    *栄養相談は、栄養部にて、平日9:00~17:00、土曜日9:00~14:00に行っています。予約制ですので、ご希望の方は主治医にご相談ください。
  • 後遺症の説明とケアについて
    胃切除後の後遺症については、手術前に書面を用いて説明し、退院前にも再度説明しています。退院後は外来でも症状が出現した時に随時、説明とケアを行っています。
    外来でアルファ・クラブを紹介して会報の情報を活用していただいています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    随時、医療相談を行っています。また、不定期ですが公開講座を行っています。
施設名 獨協医科大学病院第1外科
住所 〒321-0293
栃木県下都賀郡壬生町北小林880
獨協医科大学病院第1外科
最寄駅 東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」より徒歩8分
URL http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/ichige/index.html
TEL 0282-87-2202(外来直通)
FAX
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.