総合相模更生病院


総合相模更生病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃切除は、胃癌を始めとした主に悪性疾患に対して行われますが、手術の方法、手術後の後遺症の程度は様々です。さらに、転移再発などに対する定期的な検査や治療が必要であり、医師と患者さんは、まさに二人三脚の関係が理想とされます。
当院では、個々の患者さんの状態に合わせて、適切な診療と分かりやすい説明を心がけております。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    栄養相談は、胃切除後退院前に管理栄養士より説明を受けていただいております。説明時には、ご本人だけでなく、食事を作られるご家族にもなるべく参加していただいております。
    退院後は、外来通院時に食事の状況をお聞きして、必要に応じた栄養指導を医師および看護師、管理栄養士が行うようにしております。
  • 後遺症の説明とケアについて
    胃切除後の後遺症については、手術前に書面で説明を行っております。
    手術後、後遺症が出現した際には、その程度に合わせた説明と治療を行っております。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    定期的な催しなどは行っておりませんが、外来で随時、胃切除にかかわるお悩みに対して、お応え出来る体制をとっております。
施設名 総合相模更生病院
住所 〒252-5225
神奈川県相模原市中央区小山3429
総合相模更生病院
最寄駅 JR「相模原駅」北口より徒歩1分
URL http://www.sagami-kouseibyouin.or.jp/
TEL 042-752-1808
FAX
食生活Q&A

創刊35周年記念企画実施中

創刊35周年記念企画実施中

NEW
ご応募お待ちしております!

創刊35周年企画

創刊35周年企画
リンクフリー

当サイトはリンクフリーです。リンクに関するお問い合わせは事務局までお願いいたします。

100日レシピ
東京都がんポータルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.