長野赤十字病院


長野赤十字病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されています。病院が一丸となってがん診療に取り組んでおり、多くの胃がん患者さんの診療を行っています。消化器内科、外科、放射線科などが協力して、それぞれの胃がん患者さんに最適な治療法を選択し、集学的治療が提供できる体制を整えています。腹腔鏡補助下胃切除術も積極的に行っています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    当院にお掛かりの患者さんは、外来受診時に栄養相談を受けたいとお申し出ください。管理栄養士による個別の栄養相談を予約いたします。
    当院にお掛かりでない方も「がん相談支援センター」にお電話いただければ栄養相談について情報を提供いたします。もちろん胃がん以外で胃を切除された方の相談にも応じます。がん相談支援センターの電話番号は、026-217-0558(直通)です。毎週月曜日から金曜日の午前8時30分から午後4時30分。相談は無料です。
  • 後遺症の説明とケアについて
    胃切除術後の後遺症については、手術前に書面で説明いたします。患者さんの後遺症については的確なるケアを行うようにしています。術後のフォローも当院が中心となり、かかりつけ医とも協力して責任をもって行っています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    当院で胃を切除する方の多くは胃がんの患者さんです。当院では毎週月曜日の午前10時から午後3時に、がん患者さんが中心となって「サロン陽だまり」を開催しています。がん患者さん同士で語り合うことができる場所です。ぜひご参加ください。
    何かお困りのことがありましたら、どのようなことでも「がん相談支援センター」が窓口となって対応いたします。ご遠慮なくご利用ください。
施設名 長野赤十字病院
住所 〒380-8582
長野県長野市若里5-22-1
長野赤十字病院
最寄駅 JR「長野駅」
URL http://www.nagano-med.jrc.or.jp
TEL 026-226-4131
FAX 026-228-8439
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.