市立函館病院


市立函館病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃癌に対しては基本的に胃癌治療ガイドラインを遵守し、治療を提案しています。また、早期胃癌を対象とした根治性を損なわずに胃や迷走神経の機能を温存する個別化治療(センチネルリンパ節転移を指標とした縮小手術)に関する臨床試験を行っており、腹腔鏡下手術と併せて術後障害と患者様の負担軽減に向けて取り組んでいます。
胃切除後の患者様に対しては、症状に合わせたサポートと指導を心がけています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    胃切除後の食事摂取量の減少・体重減少に対応するために、在宅経腸栄養を積極的に行ってサポートしています。外来受診時には、体重測定と血液検査による栄養評価、食事摂取状況などを丁寧にお聞きしたうえで、的確な栄養指導を行っています。必要であれば管理栄養士からの栄養指導をお受けいただける体制を整えています。
    お問い合わせは消化器外科外来でいつでもお受けいたしております。
  • 後遺症の説明とケアについて
    胃切除後の後遺障害については、術前にスライドなどを用いて説明しご理解いただけるよう努めています。術後に再度説明し、症状の出現時には的確なケアを行うようにしています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    定期的に市民公開講座を開催し、胃癌・胃手術に関する知識の啓蒙に努めています。また随時、医療相談をお受けいたしております。
施設名 市立函館病院
住所 〒041-8680
北海道函館市港町1-10-1
市立函館病院
最寄駅 JR「五稜郭駅」より徒歩5分
URL http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/
TEL 0138-43-2000
FAX 0138-43-4435
食生活Q&A

創刊35周年記念企画実施中

創刊35周年記念企画実施中

NEW
ご応募お待ちしております!

創刊35周年企画

創刊35周年企画
リンクフリー

当サイトはリンクフリーです。リンクに関するお問い合わせは事務局までお願いいたします。

100日レシピ
東京都がんポータルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.