国家公務員共済組合連合会 広島記念病院


国家公務員共済組合連合会 広島記念病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃粘膜癌に対しては、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)を積極的に行っていますが、粘膜剥離の適応がない症例に対しては、病変部より2cm離れたところの口側、肛門側にクリップを術前にマーキングして、分節切除術+廓清術を行っています。Sm1~Sm2の症例に対しては、病巣より2cmのところにマーキングして、出来るだけ胃を大きく残す手術を行っています。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    当院で手術した患者さんには全員に当院で作成した冊子、「胃の切除後について」をお渡しして、栄養指導、合併症指導等を行っています。
  • 後遺症の説明とケアについて
    食事の仕方、味覚、摂取量、体重の変化等も含めて説明しています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    院内での活動(公開講座など)をインターネットで供覧できるようにしてあります。また、登録された方には、お知らせメールにて配信させていただいております。
    他院での術後の患者さんに対しても、セカンドオピニオン外来を行っています。
施設名 国家公務員共済組合連合会 広島記念病院
住所 〒730-0802
広島県広島市中区本川町1-4-3
国家公務員共済組合連合会 広島記念病院
最寄駅 市内電車「本川町電停」から徒歩1分
URL http://www.kkrhiroshimakinen-hp.org
TEL 082-292-1271
FAX 082-292-8175
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.