須波宗斉会病院


須波宗斉会病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

胃切除後の状態は、お一人おひとりが異なります。切除する部位や大きさ、消化管の流れの変更(再建術式)、また、他の消化管の機能も個々により様々です。それらを考慮して栄養療法(食事の内容や量)および内服補助療法を行うことで、消化・吸収や身体活動、生活の質が大きく変化します。胃を切除する前と同様の生活を送るために、個人に合わせた治療をサポート致します。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    常時、医師や看護師、管理栄養士、保健師、言語聴覚士が力を合わせて、個人に合わせた療法について相談に応じています。また、ご本人様だけではなくご家族と共に支援致します。
    電話番号:0848-69-1888、受付時間:月~金曜日(8:30~17:00)、土曜日(8:30~12:00)。
  • 後遺症の説明とケアについて
    地域に根ざした病院としてご自宅に帰られた患者様が安心して生活や療養が出来るように支援致します。それぞれに異なる個人の状態に応じて、外来診療や訪問看護、訪問介護体制等にて対応致します。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    NST(栄養療法チーム)が、毎週カンファレンスを行い、個人に合わせた栄養療法が可能となるよう取り組んでいます。
施設名 須波宗斉会病院
住所 〒723-0035
広島県三原市須波ハイツ2-3-10
須波宗斉会病院
最寄駅 JR「三原駅」
URL http://www1.megaegg.ne.jp/~sunami/
TEL 0848-69-1888
FAX 0848-69-2172
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.