一宮市立市民病院


一宮市立市民病院

胃を切除した人・これから胃を切除する人に対する診療方針・メッセージ

当院では胃癌に関する詳細な説明書を外来に張り出しており、希望により患者さんに配布しています。また手術予定の患者さんには当院オリジナルのカラーのクリニカルパスを外来受診時にお渡しして、患者さんやご家族の方に入院前にご自宅で読んできていただくようにしております。病気が仮に胃癌の場合、同じステージの癌であっても患者さんの年齢・生活環境や合併症の有無・ADL(日常生活動作)等により、当然治療方法も異なってきます。中には手術だけでは治療が困難な場合もあります。ご家族を含めた患者さんとの話し合いの中でそれぞれの患者さんにあった治療法を選択するようにしております。

胃手術後のケアに対する取り組みは

  • 栄養相談について
    術後の食事については入院中に当院の管理栄養士による食事指導を行っているほか、個々の患者さんについて食事内容の相談(例えば嗜好品や食べ物の形状に関する相談)に応じています。また当院では栄養サポートチーム(NST)が定期的にラウンドしており、入院中の患者さんの栄養状態の評価を行って適切な情報提供をしてもらっています。
  • 後遺症の説明とケアについて
    後遺症や合併症については手術前に主治医より充分に説明するようにしており、手術承諾書にも記載しています。後遺症の発生時にはその都度、説明するようにしています。
  • 院内での活動について(患者を対象とした集まりなど)
    がん拠点病院としての取り組みの一環として、希望に応じて一般外来とは別にセカンドオピニオンを受け付けております。臨床心理士も加わって患者さんの様々な悩みごとの相談を受け付けています。その活動の一つとして、「がん相談支援室」には、がん専門相談員・緩和ケア認定看護師が常駐し、患者さん同士の支え合いの場として、NPO法人ミーネット(名古屋市と協働で「名古屋市がん情報サロン・ピアネット」を運営)の協力を得て、がん治療体験者(ピアサポーター)によるがん相談者会を毎月1回開催しています。
施設名 一宮市立市民病院
住所 〒491-8558
愛知県一宮市文京2-2-22
一宮市立市民病院
最寄駅 JR「尾張一宮駅」・名鉄「名鉄一宮駅」よりタクシー10分、バス15分
URL http://www.municipal-hospital.ichinomiya.aichi.jp
TEL 0586-71-1911
FAX 0586-71-1921
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.