ご挨拶


顧問医師

青木 照明

青木 照明

1970年代、日本では胃癌に限らず、胃潰瘍・十二指腸潰瘍のような良性疾患でも胃切除術が病気を治すベストの方法であると教え込まれ、「胃切除術後障害」という概念は、欧米の肉を主食とする人種の問題であり、米(シリアル)を主食とする日本人には、発生しても数パーセントの極めて珍しいものであると外科学会でも報告されていました。そのような時代に、梅田幸雄さんから胃を切った1,000人の調査を基にした、患者サイドの直接の悩みが報告されたのはショックでした。たまたま、米国留学で「胃を切らない」潰瘍治療方法と「胃術後障害」の研究に携わって帰国した自分にとって絶好のフィールドワークの場所として、本会の立ち上げ当初から顧問医に参画させていただきました。

その後には純学術的な「胃外科・術後障害研究会」の創設にも参画し、このたび研究会員有志による地道な十数年の研究成果をまとめた書籍『外来診療・栄養指導に役立つ 胃切除後障害診療ハンドブック』が発行されましたことは誠に喜ばしいことであります。

会員の皆さまからいただくアンケート情報や体験記などからも多くを学ばせていただいております。アルファ・クラブの「医師と患者の話し合い」の掛け橋になれれば幸いです。

【プロフィール】
昭和11年、栃木県生まれ。東北大学医学部卒。東京慈恵会医科大学外科学講座主任教授を経て、平成14年より国際協力事業機構健康管理センター・健仁会益子病院・汐留みらいクリニック・日本テレビ通りクリニック顧問医。

発行人

食生活Q&A

創刊35周年記念企画実施中

創刊35周年記念企画実施中

NEW
ご応募お待ちしております!

創刊35周年企画

創刊35周年企画
リンクフリー

当サイトはリンクフリーです。リンクに関するお問い合わせは事務局までお願いいたします。

100日レシピ
東京都がんポータルサイト
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.