No.05 まろやか空也蒸し


No.05 まろやか空也蒸し

No.05 まろやか空也蒸し

おすすめコメント

温かくても冷たくても、どちらでも喉ごしよく食べられる一品です。少しずつ食べるよう留意しましょう。・・・ダンピング症候群予防/つまり症状予防に
みつばは、蒸す前に生の状態で入れると香りが立ちます。体調と好みによって、みつばはなくてもかまいません。

材料(4人分)

No.05 まろやか空也蒸し
  • 卵:80g(Mサイズ2個で、少し多いくらい)
  • 絹ごし豆腐:240g(1丁)
  • カニのほぐし身:40g
  • みつば:10g(みつば5本)
  • (A) 卵液のだし
  • だし汁:240g(カップ1・1/5)
    塩:2g(小さじ1/3)
    薄口しょうゆ:3g(小さじ1/2)
    酒:4g(小さじ4/5)

  • (B)あんのだし
    だし汁:80g(大さじ5 小さじ1)
    塩:0.4g(少々または小さじ1/10)
    薄口しょうゆ:2g(小さじ1/3)
    水溶き片栗粉:適宜

栄養量(1人分)

エネルギー78kcal たんぱく質7.7g 脂質3.9g 炭水化物2.0g 食塩相当量0.9g

作り方

11-1
卵を割りほぐし、茶こしなど(細かめのもの)でこして、なめらかにする。
1-2
(A)を加えて、もう一度こす。
卵液を作る

  1. 卵を割りほぐし、茶こしなど(細かめのもの)でこして、なめらかにする。

  2. (A)を加えて、もう一度こす。

22-1
器に、サイコロ状に切った絹ごし豆腐とカニのほぐし身を入れて、卵液を注ぎ入れる。
2-2
蒸し器なら、湯気を立ち上げておいた蒸し器に入れて、強火で約5分、その後弱火で約5分蒸す。
蒸す

  1. 器に、サイコロ状に切った絹ごし豆腐とカニのほぐし身を入れて、卵液を注ぎ入れる。

  2. 蒸し器なら、湯気を立ち上げておいた蒸し器に入れて、強火で約5分、その後弱火で約5分蒸す。
    電子レンジなら、機種の設定に合わせて蒸す。

  3. 竹串で中央を刺してみて、澄んだ液体が出てくれば卵液が固まっている。

33-2
2の上にあんをかけ、色よくゆでてきざんでおいたみつばを乗せる。
仕上げる

  1. (B)を煮立たせたところに水溶き片栗粉を適宜入れ、とろみをつけて「あん」を作る。

  2. 2の上にあんをかけ、色よくゆでてきざんでおいたみつばを乗せる。

お好みでアレンジ

  • 撮影時はかつお節でだしをとりました。市販の粉末だしでもかまいませんが、塩分が含まれていることが多いので、味が濃くならないように注意しましょう。市販のだしには、和風だし、中華だし、鶏がらなどさまざまあるので、好みや一緒に食べる献立に合わせていろいろ試してみても楽しいですね。
  • カニのほぐし身は、かに缶でもよいと思います。私たちはかに風味かまぼこで代用しました。栄養価が少し変わってきますが、味は十分においしかったです。

作ってみました!

作ってみました!
  • 味と見た目もとてもよく、ヘルシーで美味しかったです。
  • 卵液を茶こしでこすのがひと手間ですが、これによって口当たりがなめらかでした。
  • 中味に豆腐を入れたことで、少し噛みごたえがあり、そのまま飲み込んでしまうということも防げます。
  • 仕上げにとろみのあんをかけるので、つかえやつまり感を防ぐことができるのではないでしょうか。
ごほうびレシピ トップへ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.